自然の中の小さな”ときめき”をあなたに~
by kirishimamidori1
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
タグ
(2)
管理人のHP
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2014年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「Mission G in 2015er」
「来年のお話をすると鬼が笑う」と言われますが・・・
今回はMissio G 2015 の予定を発表いたします


 開催日 : 2015年 4月11日(土曜日)~12日(日曜日)
 スケジュール: 11日、土曜日にステーキの樹に集合
                夕方より宴会開始・・・朝まで~

           12日、朝食後、関、または犬山へ出発
                正午までギフチョウ観察会&撮影会

                正午過ぎ 解散

 メイン・イベント: 美味しいステーキとグラン・ヴァンを頂きながらボルネオ爺さんを
講師に迎え現地、ボルネオの蝶の話しや、あれこれ・・・・
            尚、ボルネオ爺さんはご高齢成る故、夜が早くので質問等は
早い時間にて受け付けます
            

   *参加者はシュラフ持参にてお願いします(または
近隣のBホテルをご案内いたします)

   
  講師のボルネオ爺さんの紹介

        5年前から「定年」を期にボルネオに移住し 現地で蝶撮影を続けられています
        過去には日本人で二人目、世界でも5例目のワモンチョウ撮影に成功
        現在は北ボルネオに在住し 撮影しながらのんびりと生活しています
        2015年から拠点を南に移し 新天地で野撮影を計画中

        講師近影
b0100992_0505372.jpg

        以前のアジト
b0100992_051303.jpg


        彼の装備
b0100992_0515768.jpg


        過去の作品
b0100992_0523959.jpg


 
b0100992_05395.jpg
b0100992_0535290.jpg


      こんな蝶がぎょうさん居る「天国」のお話しが盛りたくさん・・・・・

      お楽しみに~~~

     ステーキの樹より「業務連絡」でした






[PR]

by kirishimamidori1 | 2014-11-26 00:57 | ワイン・イベント
「ワイン会・秋の陣」 下村さんと・・・・
11月22日夜、「ワイン会」開催!

 今回は常連のShimomuraさんご一同です
 仕事仲間の忘年会と慰労会を兼ねたイベントです
 総勢25名のメンバーで「飲み放題」を楽しみました

 ワインの他、ビールに酎ハイ、各種ジュースなど飲み物も豊富です
 ワインはスプマンテやカヴァなどとドイツのQba,Kab,Spaなど多彩です
 赤ワインはカリフォルニアのライトからイタリアンの果実味豊かなもの
 チリ・アルゼンチンのフルボディーまで揃えました

 仕上げのドイツのTBA、仏のプリチュールノーブル、スペインのシェリーは
 皆さんもビックリで 何度もお代わりをしていました

 参加者の皆さまの笑顔を~~~

b0100992_030865.jpg
b0100992_0302210.jpg
b0100992_0305316.jpg
b0100992_0311120.jpg
b0100992_0312821.jpg
b0100992_0314634.jpg
b0100992_0321169.jpg
b0100992_0324395.jpg


 兎に角 皆さん大はしゃぎで何処で何を飲んでるか判らん状態でした
 6時過ぎから始まり 解散したのは11時前でした
 ・・・・本当に疲れた一夜でした~~~!
 
 それでも皆さんから「今日はとっても良かったです!」と聞くと
 疲れもいやされましたね
[PR]

by kirishimamidori1 | 2014-11-24 00:38
「Beaujolais Nouveau 2014er
11月になるとソワソワします~

それは・・・ボージョレー・ヌーヴォーの解禁日がやって来るからです
フランス、ブルゴーニュのボージョレー地方で作られる軽やかなワインです
ワイン自体はそれ程では無いけど・・・
この時期に今年の「新酒」が飲めるのは嬉しい事です

 昔は毎年、このヌーボーを飲んで 今年のボルドー、ブルゴーニュの
ワインの出来や良し悪しを占ったものですが・・・
今では醸造方法が進化して毎年美味く仕上げる技術を持っているので
あまり当てにできなくなりました

でも この時期に「新酒」を飲みながら今年の「豊作」を祝う「儀式」なんですね
これが無いと我家にワイン・シーズンが始まりません

今年も皆さんをお呼びしてみんなで楽しみたいですね~~♪
b0100992_2241636.jpg

[PR]

by kirishimamidori1 | 2014-11-13 22:41 | ワイン・イベント
「ボルネオ先輩からの贈り物~~」
ボクの高校時代の部活の先輩は 今、「極楽生活」真っ只中で~~す!

今から43年前の秋・・・・・・
クラブのN先輩が「おい!やったでぇ~~~!」と満面の笑顔で図鑑を見せた
「ギンモンウスキチョウを採ったで~~♪」
所謂「迷蝶」と呼ばれる「南国産」のチョウで台風や季節風に乗って
本州南部の海岸地域に希に飛来するチョウです
多分、我が生物部では「未記録」の種であった

ああ~・・・・こんなんが我が町にも来るんだ・・・・
以前よりクラブの未開翅標本の中にツマベニや、リュウキュウムラサキやら無造作に
標本箱の中に三角紙に入ったまま保管されていた
記載は60年代前半や半ばの時期で その頃から「迷蝶」が記録されていた
ボクや先輩がクラブに在籍した頃は「蝶班」のメンバーは居なくて情報が全く無し
古い「採集ノート」に僅かに記載があるのみ・・・・・・・

紀伊半島の東に位置する我が町は貝や甲殻類、蝶、甲虫が豊富で南国種が
多く採集され 部員も活気があったが
2つ上のT部長辺りから 大きな成果が上がって無かった
強いて言うなら”マージャ・ナガシマエンシス”と言うクモガニの新記載を報告したくらいか
T部長は貝や甲殻類、蝶のどれにも属さず 淡々とフジツボの幼生の検出に精を出していた

変わり者のN先輩は誰も手を出さない蝶の採集に余念が無く フィールドだけに留まらず
校庭や高校周辺まで精力的にネットを振り回していた
朝から校庭の中をネットを持ってウロつくN先輩を見て 同級生や後輩から「変人」扱いをされていた
その甲斐あってか N先輩は3年生の秋に「迷蝶」をゲットし 一躍「有名人」となった

その頃からN先輩は「南の島に行きてぇ~なぁ~・・・」とほざいていました
その「夢」が その後の先輩の人生を大きく変えてしまった

N先輩は 運良く”東大”に進学して・・・あっ・・正確には「東京農業大学」ですが~~(笑)
その後、三重県下の造園会社に就職するも モンモンとした日々を送りながら「南の島」の夢を追った
東大(東農大)在学中も石垣島や宮古島に出掛けて採集を続けていたが
あまりにものめり込んで在学期間が2年も余分に勤めあげたのは言うまでも無い

 しかし・・・・・・
”気ままで変わり者”のN先輩
大人しくサラリーマンで人生を終える筈が無い!
造園会社に勤めて2年ほどで 社長と衝突して退社・・・・・あえなくプー太郎人生が始まった
実家に帰り憔悴しきったN先輩は「ああ~おれの人生は・・・俺の夢は・・・」と嘆いていたら
ある日、突然「貴殿を同町、町役場の職員として採用す」と 通知が届き「起死回生」の人生がスタートする

この時点で彼の「南の島」の”夢”が実現可能となってしまったのだ~~~

それから彼は「定年」までネコを被ったようにマジメに勤めあげ 昇進や肩書きなどを嫌い
只管、「定年」を待った
その間、何度かフィリピンやマレーシアに出掛け 現地調査を続け「滞在先」候補を探し続けた
 ところが・・・・・
58歳になった頃 滞在先の候補地も見付り何箇所かツバ付けてた頃・・・・
「このまま60歳(定年)まで待ってたら 体力が維持できん!
ジャングルを駆け回る足腰がヘタって定年から10年間は生活できんかも知れん・・・・と不安になった
確かに20代や30代の頃と60代では根本的に体力の差が出る
ましてや 69歳や70歳でまともにジャングルを駆け回る事が出来そうも無い
思い悩んだ末 彼は2年早く「早期退職」の道を選択し 「バラ色の余生」の道を選択したのだ!

 彼がマレーシアのボルネオ島に移住して早、5年
それなりの成果も挙げた
撮影した蝶の画像も50万コマとか・・・・
5年も続けると 流石にマンネリ化し 来年から新天地で心機一転を計画中!
過去に採集報告が無い地域に転戦するようです
「吉」と出るか 「凶」と出るか  それは「神」のみぞ知るところ~~~~

年が開けたら本気で移住先を探すようです

現在、ボクの手元にもCDRomの画像が30枚ちかく頂きました
1枚で100コマとしても 3000コマ以上の画像です

来年から「新天地」でも朗報をお待ちしてますよ~~~~


昨日送って頂いた画像 :アカエリトリバネアゲハ
b0100992_15233332.jpg

b0100992_15285742.jpg

 ボルネオ産・ルリタテハはブルーが鮮やかです
b0100992_15264020.jpg


先ほど 先輩からメールで最近のボルネオのウスキシロチョウの画像を2点送ってくれました
昔はギンモンウスキチョウとムモンウスキチョウは別種とされていましたが
近年では2種は同一種の地域変化とされウスキシロチョウで統一されました
b0100992_23381737.jpg

b0100992_23384011.jpg

 最新のウスキシロの画像です



 
[PR]

by kirishimamidori1 | 2014-11-12 15:30 | カメラ
「衝動買い」
今シーズンのキハダ釣りは終了!

来る「来シーズン」に備えてタックルを準備せねば・・・・・・

 取りあえずSTELLA20000や30000は高すぎて買えないから
リョービのフィッシング・サファリ5000を狙う

今はもう終売になり釣具屋の在庫から探すことになる
早速釣友の高木くんに連絡すると すぐに返事が来た
「上州屋に”新品在庫処分品”があるよ~¥23800だからお値打ちだよ」と・・・・
あっさり見付った

STELLAなら12万~20万円 
やや小さいがサファリ・5000なら 何とか太刀打ちできるポテンシャルを持ってる筈
後は実釣で試すしか無い

そんな事をモンモンと考えてると また高木君から連絡が入った
「例の上州屋にPEN 9500が格安ででてるよ」と
何と・・・・・サン・キュ・パ   ¥3980だって~~~~
PENでは「格」が違うけど それでも¥3980は安いので 即、衝動買いした

PENのいい所はPE5号~6号で400mも巻けるキャパを持ってる事です
ドラグの性能はイマイチですが PEN・9500ならSTELLAの20000か25000番に
相当するポテンシャルがある・・・・・ドラグ性能以外は・・・・・・・
ドラグが甘い分はラインを大目に巻いて凌げばいいと思う

兎に角、キハダはフッキングした瞬間から超特急で走り出す
その走りをドラグで交わすわけだが 甘いとラインがドンドンでてしまう
締めるとラインにテンションが掛かり過ぎてラインが切れる
その切れる限界で少しづつラインを出してくれるのがSTELLAの真骨頂なんですよね~
DAIWAもPENもその域には達していない・・・残念ながら・・・・・

 しかし・・・・・このPEN・9500はデカい~・・・重い~~~
自重が1・1kg       STELLAなら680g~800gぐらいだろう
こんなんで一日中振り回したら 肩が腱鞘炎になるやんか~!

これはトローリング用専用にして キャスティング用にサファリ5000を買うことにしよう!

PEN・9500SS
b0100992_23493173.jpg


ジジを一緒に入れて撮るとこんな風に・・・・・
b0100992_2353547.jpg


 国産ではこんなデカいのは少ないでしょう
 古き良き時代の「アメリカンサイズ」です
 ムダにデカいのがいいですよねぇ~~~(笑)

11月5日・・・・
 今日、釣具屋がセール中なのでリールを買いに行きました

 リョービのFishing サファリ5000
 在庫処分品なので格安でした64%引きでした~♪
 終売商品だから安いんだけどね
 「型落ち」を気にしなければ問題無しです
 
 先日買ったPen9500と並べてみました
b0100992_19574788.jpg

b0100992_19581243.jpg

b0100992_19582545.jpg

 コレで来シーズンのマグロ対策はOKですね~~~!













 
[PR]

by kirishimamidori1 | 2014-11-02 23:58 | 趣味