自然の中の小さな”ときめき”をあなたに~
by kirishimamidori1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
タグ
(2)
管理人のHP
フォロー中のブログ
以前の記事
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Happyな お二人・・・・・
先日の夜 お二人のお客様がご来店
かすかに記憶のある方・・・・
数ヶ月前に来店され アルゼンチン・ワインをお召しあがり頂いたような・・・

 ご注文をお伺いすると・・・・
「ステーキとハンバーグと前菜と・・・・
 それから 赤ワインを選んで欲しい・・・」と
 
 ご予算は・・・とお聞きしたら
「1万円ほどのフル・ボディーで イタリアンか新世界で・・・」と

でも イタリアンでは8000円程度しか無く ブルゴーニュかボルドーはいかが?
とお聞きしたら・・・・
「ブルゴーニュは経験無いのでボルドーのほうがいいです・・」と
ワインを注文された女性はお若い方なので「古酒」は無理ではと思い
「CH・ラグランジェ 2006年」をお勧めしました

 大きなリーデル・グラスに抜栓して 軽く注いで色と香りを見てもらいました
 一口含まれて・・・「美味しい! これでお願いします」と。

カーヴの温度は17~8度なので なるべくゆっくり愉しんでもらえるようお願いした
ワインが開くまで 少し時間が必要と思ったけど 抜栓直後から華やかな香りを発し
すでに開いてる雰囲気だったので安心した

ゆっくりワインを味わってる間に前菜を供し ワインを見たら・・・もう1/2近い・・・
急いでメインのステーキを供し 残りのワインをじっくり味わってもらった

 美味しいワイン&お食事で”Happy”なお二人~~~
b0100992_23593715.jpg


 食後には「定番」のバニラ&シェリーを~~~
b0100992_062938.jpg

 流石にこのシェリーにはビックリしていました
 その後、ドイツ・ワインのTBAを供したら 全く経験の無いワインとの事で大喜びでした
 ご主人は海外が経験豊富みたいでハンガリーの貴腐・ワインをご存知でしたが
 ドイツの貴腐・ワインには驚いた様子でした

 遅くまで色々とお話出来 とっても楽しい時間を過ごされたようです
 とっても素晴らしい「結婚記念日」になられたようです

 次回のお越しをお待ちしています~~~
[PR]

by kirishimamidori1 | 2013-11-26 00:20 | ワインと友達
<< 「宴会シーズン・突入・・・・・」 「2013年・Beaujola... >>